冷蔵庫 移動方法

冷蔵庫の移動は引っ越し業者にお任せ!

引越し 冷蔵庫 運ぶ

引越し 冷蔵庫 配送

引越し 冷蔵庫 運送

引越し 冷蔵庫 安く

 

大きくて重い冷蔵庫は、運ぶのが1番大変な家電です。
一人ではちょっとでも動かすことは困難です。

 

それもそのはず、冷蔵庫は400Lのものでは100kg近くあるのです。
狭い廊下や段差のある玄関を抜けて運び出すのは、素人には危険です。

 

実は引っ越し業者には、大きな家財だけを運ぶというサービスがあります。
すべて運んでもらう引っ越しよりも料金が安くなるので、人気のサービスです。

 

冷蔵庫だけを運んでくれる引っ越し業者を探すなら、引っ越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し 冷蔵庫 送料

 

 

1度の情報入力で、あなたのお住いの地域に対応できる複数の引っ越し業者からの見積もりを取ることができます。
あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の業者を探すのにも便利です。

 

ぜひご活用ください!

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越しの費用と時期

 

引越し繁忙期

 

引越し業者は3月が忙しい。
なぜかというと、3月は大学受験を終えて4月から大学生になる人や就職活動を終えて新社会人になる人の移動が一斉に起こるからです。

 

3月は繁忙期と呼ばれ引越し業者もスタッフを増員したり、こなす回数を増やしたりと対応するのですが、それでも間に合いません。

 

ですからこの時期の引越し費用が通常期よりも高めに設定されており、割引も期待できないのです。
それでも少しでも引越し費用を安くしたいのであれば、早めに準備することをお勧めします。

 

新居の住所が決まったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取りましょう。
いまは一括見積もりができるので便利です。

 

繁忙期といえど、引っ越しの価格はどこの会社も一律同じという訳ではありません。
早めに申し込めばそれだけ多くの引越し業者からの返事がもらえますが、これが引っ越しギリギリになればなるほど1社減り、2社減りと最後にはとうとう1社も来ないという事態もあり得るのです。

 

そしてこれは繁忙期には限ったことではありません。
業者の選択肢が多いほど、費用が安くなるチャンスが多いのです。
引っ越しは新居の住所が決まったらできるだけ早めに見積もりを取って、業者をおさえておきましょう。

 

 

引越し費用を格安にする方法

 

引越し費用安く

 

引っ越し費用を少しでも安くしたいのであれば、まずは引越しの条件を見直ししてみませんか?
条件で費用が変わるのか不思議に思われると思いますが、変わるのです。

 

引っ越し費用は荷物の量に比例して高くなりますので、引越し前に捨てたり、あげたり、売ったりして処分して荷物を減らしてください。

 

次は引越し日ですが、土日祝日はやはり人気があります。
平日に比べると土日祝日の引越し費用はやや高めです。

 

さらに午前と午後であれば、午前中の引越しが人気です。
誰しも早く荷物を運び入れて荷解きしたいですよね。
引越し業者は午後便や時間を指定しないフリー便は、割引料金で安くなることが多いです。

 

引越しを手伝ってくれる友人知人が多いなら、トラックと運転手だけ(チャーター便)を手配するという手もあります。

 

費用の高い遠距離引越しは、同じ方面に運びたい荷物がある人と一緒に運んでもらう混載便なら安くなります。
ただし荷物が少なめであること、日数がどのくらいかかるかわからないことなどちょっと不便な面もあります。

 

引越しの条件で変えられるところがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

 

引越しのだいたいの手順

 

引越しだいたいの手順

 

引越しにはすることがたくさんあって途中で混乱します。
先にだいたいの手順を把握しておくと当日まで焦りませんので、ぜひ一度確認してみてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

まず引越し業者ですが、早く決めてしまいたいですよね。
しかしまず新居を決めるのが先なのです。新居が決まらないと正確な見積もり額が算出できないからです。
4階より高い物件はエレベーターがほぼありますが、4階だとエレベーターがない物件もあります。
エレベーターなしの物件での4階の引越しは時間がかかりますから、その分の費用が上乗せされるのです。

 

引越し業者に見積もりを取るのは、新居の物件が決まったらすぐがオススメです。

 

そして引越し費用を抑えたいのなら、できるだけ引越し前に荷物を減らしましょう。
不用品の運送費もバッチリかかるので、不用品は売る・あげる・捨てるなどして計画的に処分してください。

 

市外引越しの場合は、引越し前に転出届を市町村役場に提出しておきましょう。これは引越し2週間前から提出できます。
忘れると手続きが面倒になりますので、お忘れなく。
役所に行ったついでに国民年金や国民健康保険のことも聞いておくといいですよ。

 

電気・ガス・水道会社に引越しする日を伝えて、その日までの料金の精算方法を聞きましょう。日割りで料金を計算してくれます。
火事を出さないために大元のガスの元栓をガス会社の人と閉める作業があるかもしれませんので、そのことも確認しておきましょう。
もし新居が同じ市内なら、電気・ガス・水道を引越し日から新居で使えるようにしてもらう手配もしましょう。

 

郵便物が届かなくなるのは不便です。
郵便局で転送届を出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。

 

引越し当日は家財の置き場所を指示してください。
あらかじめ決めておいて紙に書いてどこかに貼りだしてくれると引越し業者も助かると思います。
大事なもの、高価なもの、壊れたら復元できないもの、形見の品などはお金では解決できない場合があります。
自分で管理してくださいね。

 

市内引越しなら市町村役場で転居届を、市外引越しなら転入届を提出しましょう。
引越し2週間以内とされています。

 

免許証やパスポート、各種保険、銀行カードやクレジットカード、その他大事な会員証などはそれぞれに連絡して住所変更をしてもらいましょう。
郵便物の転送は1年間なので、忘れないうちに行ってくださいね。

 

 

冷蔵庫をレンタカーで運ぶ

 

レンタカー 冷蔵庫

 

トラックをレンタルして自分で冷蔵庫を運べば安いのでは・・・?

 

レンタカーで冷蔵庫を運ぶ条件は@距離が近いこと A人手があること

 

配送先が遠いとレンタカーで自分で運ぶのは難しいです。
レンタカーでの運搬中に冷蔵庫が倒れるんじゃないかと思って怖くてスピードも出せませんから時間がかかってしまいます。
長距離の運搬はそもそも費用が安く済みません。

 

最後にガソリン代を満タンにしてから返さなければなりませんので、少し早めにレンタル会社に向かわかねばならないのです。
時間にも追われますから気が焦り危険ですので、遠くへの配送はオススメしません。

 

あとは冷蔵庫を運ぶのを手伝ってくれる人が必要です。

 

冷蔵庫は大きなものだと100kg以上にもなりますから、1人で動かすことはおそらくできません。
トラックに載せるのに持ち上げないといけないので、できれば男性が2人欲しいところですね。

 

レンタカーの配送は安くなるイメージがありますが、実際はどうなのでしょう?

 

トラックの1日レンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】で、7000〜10000円くらいです。
これにガソリン代と友達への謝礼・お弁当・お茶代などがかかります。
これだけで済むなら安いと言えると思います。

 

しかし冷蔵庫を落として壊しても補償がないこと、賃貸物件は壁や床を傷付けたら修繕費が高くなることは注意が必要です。
無理矢理引きずって動かしたりしないようにしてくださいね。

 

レンタカーでの冷蔵庫の配送は近場であればお得ですが、場合によっては引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もあります。
比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

引越し業者への費用を安くするために

 

引越し 安く

 

引っ越し業者にかかる費用を少しでも安くしたいのであれば、まず条件を見直ししてみませんか?

 

まず日程ですが、土日祝日は仕事を休まずに引越しできるという方が多いため人気があります。
平日に比べると土日祝日の費用はやや高めです。これは単品のものを送る場合も同じです。

 

同じ様に大安も人気がありますので、出来ることなら平日にしましょう。

 

さらに午前と午後であれば、午前中が人気です。
誰しも朝から荷物を運んで、午後からは荷解きしたいですよね。

 

午後便や時間を指定しないフリー便なら、割引ができるかもしれません。
もし急いでいないならこちらをご利用ください。

 

手伝ってくれる友人知人が多いなら、トラックと運転手だけ(チャーター便)を手配するという手もあります。

 

遠距離の場合は、同じ方面に運びたい荷物がある人と一緒に運んでもらう混載便なら費用が安くなります。
ただし、荷物が集まるまでに日数がどのくらいかかるかわからないことなどちょっと不便な面もあります。

 

これらの条件で変えられるところがあれば、ぜひ検討してみてください。