冷蔵庫 粗大ごみ

引越しでの粗大ごみの処分

引越し 粗大ごみ

 

不必要な大型家具や壊れた家電はありませんか?
引越しのチャンスにいらないものは粗大ゴミとして捨てましょう。

 

しかし残念ながら、粗大ごみはいつでも自分の好きなタイミングで捨てられるというものではありません。
普通の燃えるゴミは50p以下でないと回収してくれないところが多く、粗大ゴミは収集所に置いても持って行ってくれないのです。

 

木材だけの家具であればノコギリで小さくバラバラにして捨てることもできますが、金属があると危険です。
やはり粗大ごみとして市区町村に引き取ってもらいましょう。

 

粗大ごみの回収方法は市区町村によって違います。

 

まずクリーンセンターやリサイクルセンターなどに電話にて連絡をして、粗大ゴミを引き取りに来てもらう日を予約します。

 

次にコンビニで「粗大ごみシール」を買って粗大ゴミにそのシールを貼り、約束の場所に時間以内に置いておけば業者が引き取りに来てくれます。
このシールはごみの大きさによって値段が違いますが引き取り手数料に当たるものですから、、1つの粗大ごみに対して1枚必要です。

 

もしくは予約をして、自分でリサイクルセンターに持ち込むことができれば、粗大ごみシールを買って貼る必要はありません。
こちらは無料でできますが、大きな家財の場合は自家用車に乗りませんから、軽トラックなどを持っている方などでないと難しいですね。

 

詳しくはお住いの市区町村の役場のホームページでご確認ください。
ただし、粗大ごみとして扱えない例外もあります。

 

エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは家電リサイクル法で処理しなければなりません。
これらは粗大ごみではないたくリサイクルが意識された家電ですので、購入したもしくは新しい家電を買い替えた家電量販店での回収が必要です。